子宝鍼灸、マタニティー鍼灸、一般診療

当院について

  • HOME »
  • 当院について

当院の特色

子宝治療

以前、東京の大田区で病院の附属鍼灸院の院長をしていた頃は、整形外科的な疾患の治療とともに免疫活性による癌治療をおこなう鍼灸師でした。

私自身が40歳で初めて父親になり、子を授かる喜びを知ってからは次第に子宝治療(不妊治療)に興味を持つようになり、時代のニーズも重なり今では来院される約7割が子宝希望の女性になっています。

8つ年下でマタニティー鍼灸を担当している妻は結局4人の子供を産みました。末っ子は41歳の時に自然妊娠して42歳で出産しています。

子宝治療を始めた当初から現代の不妊は「食」の問題であろうという予測をしていました。それが当たっていたのだと思います。我が家も子沢山になりました。

イリシアは一般治療も行っているのですが、妊活専門だと誤解されることも多々あります。食や栄養の勉強をして妊活に取り入れたことで授かるかたの割合が高くなっているのは間違いありません。

母体の健康を、ご自身も食生活や有酸素運動で努力して作り上げながら妊娠出産をしていただけていることは当院の最大の特徴でしょう。

出産後の母体の健康維持であるとか、生まれて来てくれた子供たちの健全な発育にイリシアの子宝治療が貢献できていることを後にお母さんになった方々から言ってもらえることがあります。

子宝鍼灸師として最も喜べる瞬間でもあります。

別に企業秘密ではないので少し具体的に種明かしをしますと、現代の増え続ける不妊で皆さん一人一人に多かれ少なかれ関わっている原因物質はAGEs(advanced glication endproducts)「終末糖化産物」です。

AGEsは、糖質を纏ったタンパク質が熱で固まったホットケーキみたいな物とイメージしてください。。

大量生産、大量消費時代の食生活の変化で、今の食生活を普通にしているだけでも血液内にAGEsが生産されます。

これがとても酵素分解されにくい物質で、血管や臓器に付着します。

そうなると体内に常に分解されていない栄養の塊が存在していることになります。

身体は常時この物質を分解しようと代謝酵素を使い続けるのですが、生殖機能というのは欲求にも、受精や着床にも、そして受精卵の杯分割にも、胎児の成長にも、大量の代謝酵素を必要とします。

これは、免疫細胞が癌細胞を「酸の力」で酵素分解する酵素代謝のメカニズムと同じなので、オリジナルの子宝治療を構築していく上で、かつて病院附属院で行なっていたがん治療の栄養素療法がとても参考になりました。

凜花堂イリシア鍼灸院の子宝治療は

1.AGEsを分解する為の酵素力(免疫力)アップを目的とした鍼灸治療を行なっています。AGEsを効率よく分解する経穴の組み合わせがあります。

2.AGEsを新たに作らないような食習慣と食材選びをレクチャーしています。

3.分解されないAGEsが体内に多く残っていても、考え方や行動、生活習慣で自律神経のスイッチを切り替えて、妊娠出産できる方法をレクチャーしています。(この方法が上手くいくのは35歳くらいまで)

成功すると短期間で授かる可能性が高い方法です。

4、AGEsの分解代謝を促す為に、ウォーキングや呼吸法などの有酸素運動をレクチャーしています。

5.AGEsの分解代謝を促す為に、高気圧酸素カプセルを導入しました。妊活で来院されている方にはリーズナブルな料金でご利用いただけるように金額設定を行っています。

元々赤ちゃんができにくい方が来院されますので、自然妊娠は40歳くらいまでを目安としております。40歳を越えるかたには特に妊娠しやすい身体作りが必要になりますが、クリニックなどで生殖医療を併用こともお勧めいたします。

ご相談はホームページからのメールでいただけるとありがたいです。

子宝鍼灸担当 村山巖

マタニティー鍼灸

妊娠中のお母さんこそ健康でいてほしいと願っています。お母さんが感じるストレスはお腹の中の赤ちゃんにそのまま伝わってしまいます。

妊婦さんの肩凝り、頭痛、腰痛、つわりの軽減、むくみ、逆子、赤ちゃんの成長の促進、その他にも妊婦さんが辛いと感じること、不安に感じていることを解消し、幸せなマタニティー生活を送っていただけるよう、やんちゃ坊主4人を育児中の母親鍼灸師が自らの経験を踏まえた上で優しく施術いたします。

マタニティー鍼灸担当 村山由香里

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 0268-75-0187 診療受付時間 月曜日~土曜日9:00~19:00

PAGETOP